ビジネスブログ

  • 会員用ページ
  • ログインID
  • パスワード
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
2020年01月07日 [Default]

スマホ依存の子供が危ない・・・

最近、よくニュースでも取り上げられているのが、スマホ依存症・・・
これは、中学生に見ならず小学生にまで及ぼしているという非常に危険な現状である。
これは、携帯を通してSNSなど知人友人または見ず知らずの人と簡単にコミュニケートが図れることと、情報がありとあらゆるところから入り、人間は常に脳が新しい何かを求めているということとマッチしているからである。

一方、この凄まじい情報量は良質な情報もあればそうでない情報もあり得る。
そして、情報のみをインプットしている状態で、人間本来の感受性・喜怒哀楽を感じることを始め、考える・・・という子供の時に大切な思考の能力開発が著しく損なわれてしまう大きな危険性がある・・・

スマホ依存を回避すること、デジタルデトックス・・・という言葉をご存知でしょうか?

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

デジタルデトックスは、デジタルを完全に手放して生活する・・・
というものではありません。
より健全にデジタルデバイスやインターネットと付き合っていくために行うものです。
趣味をしている時、友人とデジタルを使わずに遊んでいる時間など、ふとした瞬間にスマホを見ないだけでも新たな気付きがあったり、新しい出会いがあったり、様々なポジティブな効果を体験することが出来ます。

そして、デジタルデトックスの効果は

・気持ちがスッキリする
・睡眠の質が良くなる
・想像力が高まる
・五感がさえる
・目の疲れが取れる
・ストレスが減る
・ひらめきが良くなる
・幸せな気持ちになれる
・脳の疲れがとれる
・安心感が増す

などなど、より多くの効果が得られます。

これって、大人ではなく、小学生・中学生の子供でも・・・なんですよね、実は。
これがしっかりと維持・図れないと、ココロ(精神)のバランスを崩し、病院受診(精神科・心療内科)などへ相談するという運びのケースが実に多くなっている現実です・・・

スマホ使用時間が、「1〜3時間未満」が全体の40%程度、「3〜6時間未満」が全体の35%程度と本当に危険なスマホ依存者が多いんですよね、残念ながら・・・

親がスマホ依存の方にて、子供にも同様のケースが多いのも現状です。
だって親は、子供が携帯に夢中になっていれば静かで楽ですよね・・・

でも、それは大間違いです・・・

子供の思考性・創造性をどのように育むか・・・

子供のスマホでの上辺だけのコミュニケーションではなく、本当の対人コミュニケーションをどのように図るか・・・

子供の適度な心身の疲労より深い熟睡をすることよりココロの健康を育むことへ・・・

これって、小学生・中学生の時期は親の責任でもあるんですよね・・・
それは、子供の生活習慣をしっかりとリズムよくしてあげること、昔の親ならばそれは当たり前にしていたことなんですよね・・・
でも、今は多様な生活スタイル・道具により、なかなかコントロールが・・・

そして、そんな父兄にて一番考えて頂きたいのが、

子供の時の運動時間の確保 = スマホ依存の脱却

子供に定期的にスポーツをすることで、スマホからは離れます。
カラダを動かすことで適度な疲労が伴い、筋力増強を始め、脳も疲れて睡眠にて深い眠りが確保され、ココロの健康へと繋がります。

琉球ニライカナイバスケットボールクラブは未就学児・小学校低学年よりこのような取り組みに注力し、未就学児のバスケットボールスクール開講を始め、小学1年生よりどなたでもスタートできるバスケットボールスクールを開講しております。

運動の苦手なお子様も、バスケ初心者のお子様も、どんなスポーツから始めようかなって考えているお子様・父兄の方も、当クラブにてお気軽に無料一日体験より体験してみて下さいね(^^)

現在の世の中、便利な反面、危険なトコロにもしっかりと目を向け、便利な道具に使われるのではなく(支配されず)、上手く使うこと、そして人間の本来のあるべき姿を失ってはならず、ココロとカラダの健康をバスケットボールを通して上手くライフバランスを図ってくださいね(^^♪

このページの先頭に戻る