ビジネスブログ

  • 会員用ページ
  • ログインID
  • パスワード
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
2020年01月08日 [Default]

子供の運動神経がググっと伸びる!! 黄金の成長期とは・・・

ゴールデンエイジの過ごし方、これってとっても重要です!!
一生に一度の機会を・・・

子供の運動神経が著しく発達する時期を、ゴールデンエイジといいます。この時期の過ごし方が、子供の現在から未来への運動神経、能力に大きな影響を与えます。
どのような過ごし方をすればよいのでしょうか・・・

ゴールデンエイジとは、子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期です。
具体的には5〜12歳(年長〜小学6年生)の期間。
体の動かし方、動作、技術を短時間で覚えることができる。
一生に一度だけの貴重な時期・年代をゴールデンエイジと呼びます。
成長が早い時期の5歳と12歳では身体的違いが大きいので、ゴールデンエイジを「プレ・ゴールデンエイジ(5〜9歳)」と「ゴールデンエイジ(10〜12歳)」に分けて考えます。

プレ・ゴールデンエイジ(5〜9歳)の特徴は、神経系の発達!!
「スキャモンの発育曲線」にて、子どもの神経は5-6歳まで急激に発達し、大人の80%にまで達していることが分かります。
12歳では神経系の発達はほぼ100%で大人と同じ。

つまり、あなたの今の運動神経も10−12歳の時につくられたもの・・・

この時期にさまざまな動作を経験することで、脳が刺激され、運動神経も発達していきます。

ゴールデンエイジ(10〜12歳)の特徴は、素早い習得力!!

素早い習得力とは見よう見まねですぐできてしまうことです。
ゴールデンエイジの子どもは、初めてチャレンジする動作でも、手本を見ただけでできてしまうことがあります。
大人は、動く前に動作を理性で理解し分析しようとします。
「足の位置は・・・」「ひじは・・・」「タイミングは・・・」。
まず頭で考えてから動きます。
これに対して子供は、パッと見た直感だけで動きのコツをつかみ、その動作を習得してしまいます。

またこの時期に習得した動作(技術)は大人になっても落ちないという特徴があります。
例えばバスケットボールのドリブル。
バスケットボールをボールを見ずに手でコントロールしドリブルします。

カラダが覚えているといっても、厳密には、「脳が、ボールが手になじむ感触を覚えていて、手・腕でボールタッチのコントロールしている」となります。
なぜ、スポーツ界で「ゴールデンエイジ」というワードが注目されるようになったのでしょうか?

ゴールデンエイジが注目されるようになった理由は「外遊び」の時間と質の変化にあり・・

20年前までは、子供の外遊びが、ゴールデンエイジ期に必要な運動そのものでした。遊びながら自然に身に付けてきたので、「ゴールデンエイジ期にこのような運動が必要です」と啓蒙する必要もありませんでした。
これは日本に限らず、先進国共通の現象で、スポーツ界の悩みでもあります。
【外で遊ぶ時間が減った】
まず、外で遊ぶ時間が大きく減りました。
子供が外で遊ぶ時間は35年で残念ながら半減しているそうです・・・

ゴールデンエイジ期は親が環境を整備することが大切・重要!!

この時期を有意義に過ごすかどうかは、大人(親)の関わり方が重要です。
なぜなら、当の子供たちが自分で「ゴールデンエイジ」を意識することはないからです。大人(親)がいい方向へ導くような環境を作りましょう。

プレ・ゴールデンエイジの時期より運動をさせることが大切

運動神経の基礎は、神経系が著しく発達するこの時期につくられます。
早くから特定のスポーツでトップを目指すにしても、プレ・ゴールデンエイジ期に、運動を体験させることが大切です。
なぜなら、一つの動作で一つの神経回路がつくられ、それが多面的、多層的な回路に発達するからです。
多面的、多層的な回路とは、幼稚園児の「ボール投げ」という動作でイメージできると思います。
「ボールを自分の真上に投げる」という一つの動作をしてみます。経験がなければ、最初は2−3メートル離れた所にボールが落ちてしまうでしょう。

さらに、「ボールを自分の真上に投げて、頭の上でキャッチする」。
もう少し複雑にして、「ボールを自分の真上に投げて、3回手をたたいて、頭の上でキャッチする」。
もっと難しくするなら、「ボールを自分の真上に投げて、3回手をたたいて、ジャンプして頭の上でキャッチする」。
このような動作が自然にできるようになれば、成長して一つのスポーツに特化した時に、専門的な技術を早く覚え、高いレベルに引き上げることができます。
プレ・ゴールデンエイジでは、運動の種類・量を増やし、運動の基本をしっかり身に付け、次にくるゴールデンエイジに備えましょう。

トップレベルを目指すならゴールデンエイジ期を逃してはいけない

ゴールデンエイジに特定のスポーツを経験しなければ、そのスポーツでトップレベルに到達できないということは、世界的な常識と言われています。
ゴールデンエイジになると、特定のスポーツの特性を理解し、意識的に取り組むようになります。憧れの選手やライバルが現れるのもこの時期です。ゴールデンエイジまでに、夢中になれるスポーツ、楽しくて仕方ないスポーツが見つからなければ、残念ながら手遅れです・・

ゴールデンエイジは一生に一度。
「運動神経の発達」という意味以外にも、スポーツに熱中できるのも、この時期だけではないでしょうか?

当クラブでは、プレ・ゴールデンエイジ〜〜ゴールデンエイジのお子様の神経発達を全力でサポートするプログラム提供をしております!!

お気軽にホームページまたはお電話にて、無料一日体験へお申し込み下さいませ。

このページの先頭に戻る