ビジネスブログ

  • 会員用ページ
  • ログインID
  • パスワード
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
琉球ニライカナイ
2020年06月26日 [Default]
スポーツの本来の意味とは・・・??

なぜ、子供にスポーツをさせてあげたいと思うのか・・・??

このことを真剣に考えたことがある親は、実は本当に少ないのですよね、残念ながら・・・

小学生を対象としたミニバスケットボールの指導者・コーチは父兄コーチがほとんどです。
海外では父兄コーチがチームの指導をすることなどはほとんどなく、日本独特の文化風習なんですよね、実は・・・

父兄コーチが良い悪い云々と言っているわけではありません。

実際、日本のサッカーはクラブ化され、組織としてしっかりとした指導者がおり、プログラムに沿ってトレーニングを実施しております。
が、バスケットボール、ことミニバスケットボールに関しては、サッカーの様にクラブ化が全然進んでおりません・・・
それは、ミニバスケットボールが小さな地域というくくり(学校単位)でチーム編成の強要を強いてきて、その流れで現在に至る・・・という結末なんですよね。
最近は、その学校・学区単位のチーム編成も少子化ならびに他の文化・スポーツへと子供達が興味関心が進み、ミニバスケットボールを選択するというケースが少なくなってきているからです。

では、そのミニバスケットボールの父兄コーチの実情は?!

よく聞くのが、我が子がいるからコーチをやっている・・・というのが多い実情です。
我が子が卒業・卒団したら、直ぐに辞める父兄コーチもいれば、1・2年は続けて(情でしょうか)辞めていく方々がほとんどです。
そして、次のコーチは、そのメンバーの中にいる父兄コーチとなり・・・

そして、そのコーチは、バスケットボールの指導をしっかりと学んでいる方も少なく、そして、コーチングなども学んでいる方も少なく・・・

結果として、

【怒鳴りすぎ・・・】

【ダラダラと取りとめもない内容をさせすぎ・・・】

【練習をさせすぎ】

と・・・

でも、バスケットボールの知識・教養の無い父兄は、タダ、ただ見てくれるだけで、それだけでありがたい・・・と神にもすがる様な光景が残念ながら・・・


そして、バスケットボールの技術指導は置いておいても、ことチームマネジメント・コーチングに関しては、このコーチが会社でも部下へのコーチングや部課のマネジメントを経験していない方が、更に難しい子供に関するコーチング・マネジメントへの指導・アドバイスなど、誰が見ても出来るわけがないですよね・・・

そのような場所・環境へ、あなたの大切な子供を実は入れていることを、多くの父兄は考えようともしておりません・・・

それは、単にバスケットボールが出来る環境が、

自分の学校にあるから・・・

近くだから・・・

学童的な扱いで、タダ(無料)同然で子供を長時間、預かってくれるから・・

という、本当に単純な動機にて・・・

これって、あなたの子供を学習塾に預ける時はどのように捉え・考え・決めていきますか??
と同じことなんですよね・・・
学習塾は近所にあるから・・・
とか、
安いから・・・
とかで決めますでしょうか?

いえいえ、決めないですよね、実際は。

指導者がしっかりとしている・・・とか、一定のレベルの学校への合格率が高い・・・とか、プログラムがしっかりとされている・・・とか、一定の評価・バロメーターがありますよね・・・

それは、スポーツも同じなんですよね、実は!!

スポーツは、単にカラダを動かせる場所・・・ではありません。

なので、実際にミニバスチームに入った後で、コーチ・指導者の問題、父兄とのいざこざ、選手間の問題などで解決に至らず・・・で辞めて来る子供・父兄もたくさんいらっしゃいます。

小学生・中学生のスポーツのコーチング・指導って、実はとても難しいんですよね・・・
最近、中学校部活でも指導者の子供に対する態度や教えられない指導者などで、悩んでいることの相談も多くの子供達より耳にします。

安易な考え(近くだから)、無料(タダ)だからといって、それを主に選択をすると危険な落とし穴が待っているかもしれません。
その組織・チームの風土文化、そして指導者のコーチングスキルなど、総括的な評価・判断をすることを是非、多くの父兄には検討して頂きたいと思います。

それが、後に多くのチームの多くの素晴らしいコーチングが出来る、指導スキルがあがる指導者となり、多くの子供達にとって素晴らしいバスケットボールが出来る環境が提供され続けることができますので・・・

当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブもその一助となるべく、切磋琢磨して取り組んで参ります。


2020年06月25日 [Default]
最近、たくさんの親より、

子供が何か夢中になれるものってないですかね・・・!?

という相談を受けます。

夢中になる・・・熱中できる・・・

それって、昔の子供ならば近所の子供達が勝手に集まり、昔ながらの遊びで真っ暗になるまで遊んでいましたよね・・・

でも、最近は一人でゲームばっかりで、そのゲームには夢中になるということが・・・

でも、ゲームって、勝手にコトが進んでいるし、子供自身が気に入らないと「リセット」ボタンを押せば、はい、直ぐにやり直しができますよね・・・

それって、我が子が大きくなったら、大学生・社会人へとなったら、自身が気に入らないことも多いだろうし、大きな壁が立ちはだかることも必ずありますよね・・・

でも、幼少期よりゲームばかりをしていると、自分中心の考え方、捉え方、やり方にて、そしてリセットボタンはありません・・・

そんな時に対人・チーム・組織のなかで何かを取り組んでいると、自分の考えを始め、他人の考えも含めて総括的に意見を聞き、捉え、判断することが出来る様になります。

そして、その対人・チームとして活動の真っ先にイメージするのがスポーツですね!!
チームスポーツはまさにその象徴ですね!!

そして、チームスポーツの中で、競技特性が高く、見ていてもやっていても楽しいのがバスケットボールなんですよね、実は(笑)

そのバスケットボールは自分が思うように出来ず、なかなか難しいのですが、子供にとってはそれが楽しいみたいで、動作も「走る」「止まる」「投げる」「跳ぶ」などの多彩な動作と動きながら考えること、ゴールへシュートを決めることなど、このプロセスが子供にとっては何とも言い表せない楽しさとなっているようです。

それにて、子供達にとっては無我夢中となり、熱中できる要素となっているようです。

当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブは、夢中になれる要素が満載です!!
既に入会・活動されている多くの子供達が当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブに参加した後は、

「とっても楽しかった〜〜♪♪」

「あっという間に終わっちゃった・・・」

「また、バスケがしたい・・・」

と、常にポジティブなコメントばかりなんですよね!!

これって、とっても素晴らしいことにて、アタマとココロとカラダのバランスがバッチリと整って、夢中になれるコトが♪♪

是非、あなたの子供も夢中になれる何かを・・・とお考えの方は、一度、当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブの無料一日体験へお越しください。

お気軽にお電話またはホームページよりお申し込み下さい。

スタッフ一同、お越しをお待ちしております。


2020年06月21日 [Default]
6月20日(土)、琉球ニライカナイバスケットボールクラブは糸満市立喜屋武小学校でたくさんの子供達が集まりました。

1

琉球ニライカナイバスケットボールクラブの毎週の開催場所は下記の通りです。

月曜日&木曜日・・・宜野湾市立体育館 or 宜野湾勤労青少年センター

火曜日&金曜日・・・那覇市立垣花小学校 体育館

水曜日&土曜日・・・糸満市立喜屋武小学校 体育館

毎週、定期的に上記の場所で開催しております。

コロナウイルスの影響にて自粛でお子様がカラダを動かすことが少なくなった・・・、子供を定期的にスポーツ・バスケットボールをさせたい・・・

など、大人なフィットネスジムなどでカラダを定期的に動かし、ダイエットやストレス発散が出来ます。

が、子供はいかがでしょうか?

最近の子供は学校等でも制限が多い生活の中、また、コロナウイルスの影響にて授業が遅れ、タイトなスケジュールでの学習計画に相当のストレスを抱えて生活を実はしております・・・(涙)

子供も定期的にカラダを動かし、健康増進とストレス発散を親がしっかりと設けてあげる必要がございます。

是非、当琉球ニライカナイバスケットボールクラブで毎週、定期的にスポーツ・バスケットボールをし、ココロもカラダもイキイキとした生活を過ごしましょう♪♪

現在、夏の無料一日体験を受け付けております。
お気軽にお電話またはホームページよりお申し込み下さい。

スタッフ一同、皆様お越しをお待ち申しております。

2

2020年06月18日 [Default]
コロナウイルスの影響にて、多くの子供達はスポーツから遠ざかっていたと思われます。
各家庭での過ごし方、いかがでしょうか?

毎日毎日、子供と自宅で過ごすと、ついイライラしたり衝突が多かった方も・・・

そんな父兄へ今日は【我が子のやる気の育て方】についてシェアしたいと思います。

我が子のやる気について、真逆は「引っ込み思案」という言葉となります。
この「やる気」と「引っ込み思案」には、【自己肯定感】が大きく関わってきます。
自分がする全てのコト・行動に責任が取れるかどうか・・・ということが、自信へと繋がるかどうか・・・

自信がなくなると子供は「ヤバイ、怒られる・・・」とか「周りに避けられる・・・」というネガティブな心理・行動へと走っていきます。

逆に自信のある子は、成功や失敗に関係なく、ドンドンと突き進んで行きますね。

この自信には、《小さな成功体験》の積み重ね・・・が極めて重要となります。
これは、日常生活においての家庭で、親が子供への「しつけ」がベースとなり、些細な行動を「良い」と褒めること(認めること)、「ダメ」なことはダメとしっかりと認識させることで、行動の良し悪しが分かり、子供が自分自身で責任をもって行動を起こす・することが出来るというパターン化へと繋がります。

このことを多くの親は取り組まず、逆に無言で黙って集中する(しているかのような)ゲームに依存し、何事も起きない・起こさない・躾をしない・言わない・・・という家庭が極めて多いです。

そして、各家庭でのしつけをもっと大きな視点でどうなのか?!と横との繋がり・周りの環境は?!と見える(あまり良くない言葉ですが比較する)ことが団体生活における視点です。
が、学校生活は教員の先生自体がしっかりとしつけを行っていない方も極めて多く(学力のみで教員採用試験を合格している・・・)、また、些細なことを言うと後でその子の親から倍以上のコトが返ってくるので・・・
親が学生の頃とは環境・人の価値観が大きく変わっているんですよね・・・
という現実もあります・・・
※中には、しっかりと躾を含めた指導をされる先生もいらっしゃいますので、誤解の無い様に・・・(笑)

では、自信へとつながることはどのような要点が必要なのか??

・認める・褒める時は、スキルではなくプロセス(努力)を認める・褒める

・叱るときは人格否定をせずに、そのコト・行動をしっかりとしかる

・行動をポジティブな言葉で伝える

・都度都度、生じた時点で伝えること

・集団生活には規則・ルールがあることを認識させ、教える

・スキンシップ・コミュニケーションを活発に働かせる

ということが重要ですね!!

上記の事は読めばなるほど・・・と簡単なようですが、実際にしてみると難しいですよね!!

そして、スポーツにおいても同様のことが重要となってきます。
しかし、ことミニバスケットボールの多くの指導者・コーチは、このようなことは意識しながら指導をしている方が実に少なく、また、指導者自身の立場・立ち位置を最優先させる方が極めて多いので、残念ながらただ怒鳴っている・・・、抽象的な言葉で子供・選手に言っているだけ・・・という光景が良く見受けられます。
もっと悲惨な状況は、コートの両面で指導者が怒鳴り、反対側で父兄が怒鳴りと、どちらがベンチか指導者か分からない状況にて、子供・選手は葛藤し、そして自信がなくなる言動にて最悪な事態へと・・・

当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブは、この働きかけを常にコーチ陣で共有し、心掛け、子供・選手へ具体的に指導・コミュニケートを図ることを大切にしております。
よく当クラブより中学校部活やミニバスチームへ行かれる方の多くが、いざ、移ってみると・他へ入会してみると、子供が全然イキイキしていない、葛藤している、笑顔が無くなった、自信喪失で委縮している・・・など、残念な言葉を多く耳にします。
それは、指導者・コーチが保身に入り、父兄の顔色を伺い、「自分(コーチ)はしっかり教えているのに何でわからないんだ・・・」と自己肯定の主張を、「使えないな〜、お前」などの人格否定発言をする指導者・コーチが実に多いこと多いこと・・・

それでも指導者の交替がいない中学校部活やミニバスは、親子ともどもじっと我慢をするしかなく、残念な結末へと・・・
※中学校部活は学童と同様の考えの父兄も多く、タダ(無料)で子供がバスケが出来て預かってくれるのだから・・・と指導内容は一切無関心で部活教員へ丸投げの現実です・・・

これでは、【我が子のやる気】は育ちませんし、育てられません・・・

今は、コーチ・指導者も我が子の成長・やる気・自信へと働きかける・知識認識のある方、場所、チームをしっかりと親が洗濯をする時代に突入しております。

当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブを選んで頂いている多くの父兄はおかげさまでしっかりと良識をもって取り組みを理解して頂いている方々にて、感謝申し上げます。

当クラブ・琉球ニライカナイバスケットボールクラブは引き続き、単なるバスケットボールができる場所ではなく、バスケットボールのスキル向上の前提に、子供・選手のココロ(心)の成長・自信もしっかりとサポートする取り組みを実施して参ります。

あなたの我が子のやる気、いかがでしょうかね??

参考

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d42741c264d6b9694c69f4ebf4931fe8c777b08


2020年06月15日 [Default]
琉球ニライカナイバスケットボールクラブは、那覇市・宜野湾市・糸満市で毎週定期的に活動をしているバスケットボール・スクールです。

多くの子供達が、中学校部活やミニバスに入ったけれど、基礎からしっかりと教えてもらえておらず、ただただ走ってばかり・・・や勝手にドリブル練習をさせられていたりと・・・

そんな選手「中学生男女・小学生男女」がたくさん、琉球ニライカナイバスケットボールクラブへレッスンを受けに来ております。

また、他の選手達よりもっと練習時間を増やして上達したい、もっとしっかりとバスケの基礎「ドリブル・パス、そしてシュート等」を習得したい方々がたくさん通われております。

もちろん、バスケが初心者や運動の苦手なお子様も大丈夫です。
安心してどなたでも初めての方でもスタートアップできるプログラムでスタッフ一同、お待ちしております。
バスケが初めてのお子様も、運動の苦手なお子様も、琉球ニライカナイバスケットボールクラブの無料一日体験を受けた後は、【楽しかった(^^)】とみんな笑顔で良い汗をかいて、また来ますね♪♪と話されております。

地域・学校に関係なく、また、ご予定に合わせて自由に参加・欠席も出来て、もちろん面倒な父兄の当番・係りは一切ございませんので、父兄の方は送迎のみでOKです!!

どうぞお気軽にお電話またはホームページより、無料一日体験をお申し込み下さい。

スタッフ一同、お待ちしております。

2020年06月11日 [Default]
新型コロナウイルスの影響にて、子供のストレスは・・・?!

新型コロナウイルスと闘おう?!ではなく、共生しながら、どのように生活をしていくのか・・・
ここに早期に切り替えて生活をしていかれる方々がほとんどの方ではないでしょうか?
でないと、いつまでたっても自粛・自粛・・・となり、親(大人)の行動は制限し、我が子の行動までいつまでたっても制限する・・・ということになります。

最近、多くの父兄の方々は、共生しながらどのように子供の成長を考えるか、子供のストレス発散をするのか・・・ということを考えております。

そこで、参考までに子供のストレスを親はどのように考えるのかの記事を・・・

https://jr-soccer.jp/2020/05/19/post121710/

ゴールが見えないコロナ対策、だからこそ子供の不安は、ストレスはドンドンと溜まっていきます・・・

最近、良く見受けられるのが、【チック】です。
情緒不安定にて、まぶたのけいれんや突然の大声など・・・
そして、行く先には「うつ傾向」へも・・・

大人は経済的にも行動的にも、そして、お酒やたばこなど、ストレス発散の手段をいくつか持っております。
子供はそれらがなく、また、自身でストレス発散の方法をわかる子供はほとんどいません・・・

だからこそ、親が(大人)が、そのストレス発散方法、道をつくってあげることがとっても大切ですよね・・・

そんなストレス発散には、思いっきりカラダを動かすことができるスポーツがやっぱり子供には一番なのではないでしょうか?
最近、学校が休みで学習が遅れているので学習塾へ通わせた・・・という方も多くいらっしゃいますが、学校では夏休みも減らしての詰め込み授業、放課後は学習塾、子供同士でアゾ部時間も制限され、運動も制限され、子供自身は何も言えずに・・・
どうなってしまうのでしょうかね・・・?!

定期的に息抜きにてスポーツ・運動をさせてみてはいかがでしょうかね?
運動・スポーツをすると脳の活性化が高まり、勉強・学習もはかどりますね!!

どんな運動・スポーツでも構いません!!

それが、当クラブのバスケットボールを選択された方、バスケットボールが初心者の方、運動の苦手な方、久々に運動をされる方など、大歓迎で安心してどなたでもスタートアップできます。

もちろん、父兄の面倒な係りや当番などは一切ございません!!

お気軽にお電話またはホームページよりお申し込み下さい。
現在、無料一日体験を受け付けております。


2020年06月05日 [Default]
琉球ニライカナイバスケットボールクラブは、中学生男女へスキルアップのプログラムを提供しております。

1

中学校部活では、

活動時間が短い・・・

人数が多くてなかなかボールがさわれない・・・

先輩優先でなかなかプレイする時間が少ない・・・

などなど、多くの課題がございます。

そんなたくさんの中学生たちが、もっと上手になりたい、もっと練習量を確保したい、もっとしっかりとバスケを教わりたい・・・などなど、向上心を持った選手達がここ、琉球ニライカナイバスケットボールクラブへ通われております。

毎週月曜日・木曜日に宜野湾エリアにて開催しております。

中学生男女の皆様、是非、琉球ニライカナイバスケットボールクラブで更なるスキルアップを図りませんか?!

現在、無料一日体験を受け付けております。

お電話またはホームページよりお気軽にお申し込み下さい。
皆様のご来館をスタッフ一同、お待ちしております!!



2020年06月02日 [Default]
琉球ニライカナイは、6月より那覇市ならびに宜野湾市での活動を再開致します!!

新学期も再開し、徐々に以前の日常生活が戻ってきました。

子供達も長い自粛生活で、相当なストレスを抱え、また、体力も落ちていると思われます。
体力低下に伴い、カラダの免疫力も低下しております・・・

それは、コロナウイルスへの影響ではなく、通常の風邪やインフルエンザなどの免疫力へも影響を与えます。
夏を過ぎれば、秋冬に入り、それこそ、コロナウイルスと共生しながら、インフルエンザや風邪も流行ってきます・・・

そんな時に、子供にとっても一定の免疫力を持っていないと、重症化への危険性もございます。

それには、定期的にカラダを動かす運動・スポーツを定期的にすることが必要不可欠です。
学校は授業の遅れを取り戻すことにて、体育や部活動などを極力、制限していくことでしょう。

父兄の皆様にては、子供の健康増進・カラダづくりのために、運動・スポーツを出来る環境を提供してあげることが大切です。

どうぞ、初心者や運動の苦手なお子様でも安心してスタートできる、琉球ニライカナイバスケットボールクラブでスタートアップしませんか?

琉球ニライカナイバスケットボールクラブは、ミニバスチームによくある父兄の方の面倒な係り・当番等は一切ございません。
お子様のみ参加して頂けるプログラムにて、子供の成長を最大限、サポートして参ります。

お気軽にお電話またはホームページより、先ずは無料一日体験をお申し込み下さい。
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

このページの先頭に戻る